技術紹介

  • TOP
  • 技術紹介

アルゴン溶接について

アルゴン溶接について

溶接とは金属を溶かして金属同士を接合する方法です。
大気中で金属を溶かすと大気中の酸素と、高温で活性化された金属が反応してしまい、健全な溶接部が得られません。
一般的な棒溶接では、溶接時の高温で溶接棒からガスが発生し、溶融金属を大気から遮断し金属の酸化を防ぎながら溶接を行います。

これに対し、アルゴン溶接は溶着金属そのものの成分の溶接棒を用います。
タングステン電極の周りから保護ガス(アルゴンガス)を放出し、大気から溶融金属を遮断し溶接を行います。

電極が細く、非常に精密な溶接を行うことが可能です。
棒溶接では溶接出来ない金属も溶接することが可能です。

短納期・試作・単品から小ロットまで対応致します

短納期・試作・単品から小ロットまで対応致します

弊社ではクリーンカット可能なレーザー加工機を保有しておりますので、非常に複雑なステンレス製品の加工にも高品質な仕上がりを提供することが可能です。
また、タレパン加工などの打ち抜き加工(プレス加工)、その他、曲げ加工、アルゴン溶接・スポット溶接・アーク溶接などの溶接加工も行っております。
ロット数は単品から対応、試作品などの製作から小ロットまで、非常に幅広いお客様のご要望に対して弊社の技術を提供することが可能です。

  

CONTACT

一個から小ロットまで対応可能

レーザー加工・タレパン加工・曲げ加工・アルゴン溶接はお任せ下さい。

TEL.0562-97-1420 FAX.0562-98-3005

MAIL